Posted by at

2007年10月04日

終わりに

歴史小説もどき「明日香幻想」、どうにか自分なりに書き終わりました。
書き出した頃に終わりと考えていたところは最終話の最後に入れ込んだところですがいろいろ考えると終着点はここまでの段階として新たに物語を発進させようと思います。

書き始めの頃は「書けないicon41ビジネス文書や議事録しか書けない私にもどきでも小説でも書けるわけないicon198」と、こっそり始めたのでこっそり投げ出そうと思っていました。
きっかけとなったのはほーーんの軽い気持ちでもしも、小説が書けたなら~だったのですがそれでもある方のアドバイスがなかったら「冗談」で終わっていたと思うし、背中を押して下さらなかったらとっくに挫折していたと思います。
この場を借りて改めてお礼を申し上げます♪♪♪

1本、書き終えて表現力の欠如や様々な反省がありますが一番の問題は歴史の解釈を書きたいのか、歴史上の人物を題材として小説を書きたかったのかがごちゃ混ぜになったこと。
だから中途半端な書き方になってしまい焦点がぼやけたままだったよな…と反省\(__)しています。
歴史上の人物を使うからって史実や解釈にこだわることはない。
今回の書き方は歴史上の出来事を展開させるのが第一でそこに登場人物を埋め込みましたが、出来事とは関係なく登場人物がそのキャラで勝手に物語を展開するような小説もどきでも良いのですよね。
それが結論です。
と、ここまで書かないと気が付かないのかぁ??とも言えますが(((^_^;)
なので自分自身の修正も含めまたゼロに戻り(1からではなく0からの出発ですね♪)書き始めようと思います。
まぁ、単純な私なので考えていることがバレバレで今後の展開が容易に想像できちゃうと思いますが今度は目的をハッキリさせて書いて行けたら♪と思っています。
(その前に新田部皇子を題材とした短編や高市天皇説と真逆になりますが例の長屋親王の木簡に特化した異聞長屋王の変も書いてみたい♪)
しかし一度書いてみてよーくわかりましたが私の場合ホントに発想だけならいろいろ湧いきます。
最終話の分もきっと私の思うとおりだったんだよ!なーんてメッチャ自信があるのがミソですが、シーンは書けてもそれを繋ぎ合わせるのが苦手で(涙)…
これは何かコツみたいなものがあるでしょうか?
もし、こんなことに気をつけると良いよ、なんてありましたらアドバイスを頂けたら嬉しいです。
あともうひとつ、この「明日香幻想」を書くにあたり初めての体験だったのでともかく書き上げることを第一の目標としブログにupの形をとりましたがこれはやはり無理があった、と自分では思っています。
ブログに文章を書くことに慣れている私が続けるには一番良い形だったと思いますが、小説らしさはないですよね。
最後まで書き終えた時点で今度は最初から文体を統一し、段落は1字下げをして、加筆修正してから自分のホームページに少しでも小説に近い形でupしようと思っていますのまずはそこからチャレンジです。
ただ続編を書いていますがこれがやはり通勤電車の携帯からでないと物語が思いつかない…。
なので、二度手間になってしまいますがプロットのつもりでブログにあげてまた形を整えていくしかないな…と感じています。
しばらくは明日香幻想の手直しと続編とW作業でしょうかね???
それで今回はゆっくり書きたいのでブログ村はここで卒業しようと思います。
今までたくさんの方がご訪問下さりとても感謝しています。
読んで下さる方がいることがわかるのは励みになりました。
こんな拙い文章ですが明日香幻想を読んでこの時代に関心を持ち本でも読んでみようか、とか、こんな解釈でもアリか、なんて思って下さる方がいらしたらこんなに嬉しいことはありません。
歴史に興味ない方でも読めるような、また、歴史に興味がある方にも読んで頂けるような文章を書けたら!と思っています。

読んで下さったすべての方へ
ありがとうございました。

なお、私自身のホームページは「jasmintea」のHNでjasminteaとティータイムで更新しています。
今後書き直した「明日香幻想」や続編等もこちらで必ずリンクをかけますのでよろしかったらお立ち寄り下さいませ。

追記
明日香幻想加筆修正版はで更新していますicon97  


Posted by jasmintea♪ at 20:37Comments(4)始めに

2007年04月17日

始めに

歴史、特に飛鳥・奈良時代が好きな私です。
今まで歴史ページ歴史探訪に「本当はこんな時代だったかも」とか「こんな解釈があるんじゃない?」とか、なるべく常識や通説に捉われずいろいろ考えてきましたがなかなかブログに歴史を書こうとするとまるで自分の発想で書くことはできなくて。
自分なりの表現をしたい!と思っていましたが会話をつなげ文章にしていく小説は自分には向かない、とあきらめていました。
それがいろいろな人に励まして頂いたり、アドバイスを頂いてどうにか走り出したのがこの小説です。
自分でも最後まで書ききれるのかわかりませんがおぼろげに自分の空想する世界を表現できたらicon59と思っています。
こんな拙い文章を公開することは迷いに迷いましたがこれも思い出のひとつだし、それに公開していれば大変でも続ける元気が出るかも♪と思い公開に踏み切りました。

この小説の基本的スタンスは登場人物紹介で書いています。
小説なのでわざわざお断りするのもおかしいですが基本的に起きたことは史実に忠実に、解釈の仕方は自分なりに書いています。
メチャクチャ未熟者ですがどうぞよろしくお願い致しますicon142icon151  


Posted by jasmintea♪ at 21:27始めに