2007年08月22日

とうとう【結】まできました♪

いつも拙い小説もどきを読んで頂きありがとうございます。
この「明日香幻想」もとうとう【結】まできました。
blogの紹介には「明日香浄御原から藤原京、平城京を舞台にした歴史小説です。」なんて書いておきながら何故もう【結】なんだ?と疑問に感じる方もいらっしゃいますよね。
書き始めた頃は2部構成で1部が雨乃と鵜野皇后を軸に持統天皇即位まで、2部は氷高女王を軸に長屋王の変までを想定していましたがどうも人物や情景描写が欠如している私にこれ以上書けるのか疑問に感じるようになってきました。
それと書いている途中から鵜野皇女と雨乃を主とした設定にしたことから、自分が表現したかった高市天皇説が鵜野皇女側からだけの視点になってしまい自分のイメージとズレたままで書き続けて良いのかも疑問を感じました。
なので2部の終着点と考えていた長屋王の変までではなく草壁皇子の死後くらいまでで『明日香幻想』を終えようと思います。
もし、プロットがしっかりして小説と言う形で書けそうならば続編として阿閉と御名部の姉妹を軸に高市天皇から持統、文武、元明、元正、聖武へと続く流れと、まるで別物として高市を主とした高市天皇説、吉野朝明日香朝並立説も描いてみたいです。

以前自分のblog自分に足らないもので書いたように自分の歴史のイメージを構築し、それを今度は小説に変換し表現する作業は思った以上に難しい作業でした。
それでもこんな小説もどきを毎回読んで下さり、コメントを入れて下さる方がいらしたからこそどうにか続けてこられたんだ!と感謝しています。
小説自体の出来は置いといて、筆を進めてこられたことは本当に嬉しく自己満足しています。
あとはせっかくここまで書いたものを基本としてもう少し肉をつけたいと思っています♪

さて、話は明日香幻想。
【転】の最後でスメラミコトが亡くなり、【結】では大津も、草壁も亡くなる…。
鵜野皇后や雨乃の心はどうなってしまうのか…。
先ほど書いたように自分で描く歴史イメージと、明日香幻想が合っていないところもありますがここで構築した世界はそのままに、悲劇的な結末を迎えながらもしなやかに生きていく持統天皇と彼女の力になった雨乃を思い入れたっぷりに書いていけたら!と思いますface02


同じカテゴリー(コーヒーブレイク)の記事画像
歴史上の登場人物
同じカテゴリー(コーヒーブレイク)の記事
 歴史上の登場人物 (2007-07-05 12:44)
 私の思い (2007-06-02 20:33)
 旧都を訪ねて (2007-04-30 08:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。